22年度「異業種交流型ワークショップ」のご案内

近年、新しいエコシステムの構想を描き、組織内外のプレイヤーを巻き込みながら事業創造・プロジェクトをドライブしていくリーダー人材のニーズが、ますます高まりを見せています。

こうした潮流を受け、HCProでは、22年度も日本を代表する様々な企業の次世代リーダーの方々を集う異業種交流型ワークショップ(他流試合)を開催いたします。

異業種メンバーと共に社会課題のソリューションを構想するプロセスを通して、新しい気づきを獲得することにご関心のある次世代リーダー皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

【こんな方々にオススメ!】

  • 異業種リーダーとの「彼我比較」を通じて自己の課題を発見したい
  • 異業種リーダーと深い「ネットワーク」を構築したい
  • 社会課題解決型ソリューションを構想する「視座」および「型」を獲得したい
  • 先進的な「テクノロジー」や「ビジネスモデル」を理解したい 

 

【構想・提言テーマ(最終アウトプット)】

社会課題を起点としたソリューション(新事業/製品/サービス)案

 

【カリキュラム概要】

全セッション(2~3日間)におけるイン&アウトプットおよび各インターバル期間でのワークを通してソリューション(新事業/製品/サービス)の構想・強化を進める超実践型カリキュラム

  • インプット(講義・思考ワーク):社会課題型ソリューションを構想する上で求められる様々な思考スキル/手法や世の中の潮流をインプット
  • アウトプット(議論・発表):そのインプット内容を活かしながら、異業種同士で社会課題の解決に繋がるソリューションを構想
  • インターバル(ワーク):ソリューションに関する実地・文献・利害関係者インタビュー等を実施

 

 

【参加資格】

  • プログラムの全日程(2/3日間)にご参加いただける方
  • 課題に対して積極的にお取り組みいただける方であれば、経験・年齢・業種・役職・職種等は一切不問です。
  • 個人名義または組織派遣のいずれの形式でもご参加が可能です。

 

【過去3年間のご参加企業様(五十音順、敬称略)】
アマゾンジャパン合同会社、味の素冷凍食品株式会社、株式会社IHI、株式会社インテック、株式会社NTTデータ、鹿島建設株式会社、学校法人河合塾、キリン株式会社、佐川急便株式会社、デンカ株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社、本田技研工業株式会社、公益財団法人松下政経塾、三菱商事株式会社、三菱電機株式会社、株式会社メルカリ、森永製菓株式会社、株式会社ローソン

※ 弊社前身:株式会社ドリームインキュベータ(DI)主催「異業種交流型ワークショップ」(19~21年度版)にご参加された企業も含みます。

 

 【過去参加者の属性傾向】
・所属部門:経営企画、人事、マーケ、営業、新事業開発、DX推進、製品開発/R&D等
・年齢:20代後半~40代前半(平均:30代半ば~後半)

 

【22年度プログラム(計2回)実施予定日】

① 2日間シリーズ(22年10月11日・22年12月16日)

② 3日間シリーズ(22年12月15日・23年02月10日・23年03月17日)

 ※ セッション時間:9時~17時半

 

【実施形態】

東京都内/近郊にて対面実施

     

    【ご参加料金】

    有料となります。

    ※ 具体的な金額については、弊社までお問い合わせをお願い申し上げます。

    ※ 団体割や早期お申込み割引等がございます。

     

    【お申込み/お問い合わせ】

    お申込みを希望、又は内容に関するご質問がある場合は、大変お手数ですが、以下のメールアドレスまで、お客様のお名前、所属組織、日中のご連絡先を含めてご連絡をお願い申し上げます。一両日中にご返答をさせていただきます。

    ・メールアドレス:hitoism@hcproduce.co.jp (HCProプログラム担当宛)

    までご連絡ください。